生口島とレモン
島ごころが出来るまで
想いの軌跡
歩みの歴史
レモンから生まれる島ごころ
店舗紹介

レモンバトンは島ごころのレモンバトン島ごころをご賞味ください

History
01イメージ

歩みの歴史

ホーム > 歩みの歴史

ショップヒストリー

ライン
2008年 4月 奥本隆三の個人事業として尾道市瀬戸田町にて創業。
洋菓子の製造事業、小売事業を開始する。
ライン
2009年 4月 インターネット販売事業開始。
ライン
2009年 7月 瀬戸田レモンケーキ 販売開始。
ライン
2009年12月 2009年度の瀬戸田レモンケーキ販売実績、約7100個。
ライン
2010年 3月 瀬戸田パーキングエリア上り線(広島県)にてレモンケーキ卸販売事業開始。
ライン
2010年 5月 「瀬戸田レモンを活用した洋菓子開発と特色あるお店づくり」をテーマに広島県経営革新計画承認。
ライン
2010年 6月 「瀬戸田レモンを活用した新商品の開発と販路開拓」をテーマに広島県過疎地域小規模企業等活動支援モデル事業に採択。
ライン
2010年 6月 西武池袋本店(東京都)、Yahoo!Shoppingストアにて期間限定販売。
ライン
2010年 7月 天満屋(広島県内の店舗)にてレモンケーキ卸販売開始。
ライン
2010年 7月 瀬戸田レモンジャム「果香蜜(かこうみつ)」販売開始。
ライン
2010年 9月 高松三越(香川県)Voice21展にて期間限定販売。
ライン
歩みの歴史 イメージ01
歩みの歴史 イメージ02
ライン
2010年11月 瀬戸田檸檬菓子工房パティスリーオクモトを立ち上げ、移転リニューアルオープン、店舗面積60坪。
ライン
2010年12月 2010年度の瀬戸田レモンケーキ販売実績、約60,000個。
ライン
2011年 1月 地域力宣言2011 in 東京ドーム「ふるさと祭り東京2011」に出展。
ライン
2011年 2月 第51回全国推奨観光土産品審査会にて日本観光協会会長賞受賞。
ライン
2011年 3月 福屋(広島県)にてレモンケーキ卸販売事業開始。
ライン
2011年 3月 そごう呉店、広島店(広島県)にてレモンケーキ卸販売事業開始。
ライン
2011年 5月 天満屋広島アルパーク店(広島県)にてテレビ新広島「満点ママ」展に出展。
ライン
2011年 6月 広島三越(広島県)にてレモンケーキ卸販売事業開始。
ライン
2011年 7月 大進本店(広島県)にてレモンケーキ卸販売事業開始。
ライン
2011年 7月 山陽自動車道小谷SA下り線(広島県)にてレモンケーキ卸販売事業開始。
ライン
2011年10月 山陽自動車道福山SA下り線(広島県)にてレモンケーキ卸販売事業開始。
ライン
2011年11月 第6回信用金庫合同ビジネスフェア(広島県)に出展。
ライン
2011年11月 地域力宣言2011 ニッポン全国物産展 in 池袋サンシャインシティ(東京都)に出展。
ライン
ライン
2011年12月 レモンケーキ販売実績、21万個。
ライン
2012年 3月 平成23年度 優良ふるさと食品中央コンクール 農林水産省食品産業局長賞受賞
ライン
2012年12月 株式会社パティスリーオクモト設立。
ライン
2012年12月 レモンケーキ販売実績、530,000個。
ライン
2013年11月 官公庁主催「世界にも通用する究極のお土産」ノミネート商品。
ライン
2013年12月 フード・アクション・ニッポンアワード2013審査員特別賞受賞。
ライン
2013年12月 瀬戸田レモンケーキ島ごころ 販売実績、約800,000個。
ライン
2016年3月 株式会社島ごころへ社名変更。
ライン
歩みの歴史 イメージ03
歩みの歴史 イメージ04
ライン
2014年10月 パリ広島フェアに瀬戸田レモンケーキ島ごころ、瀬戸田レモンジャム島ごころ出品
ライン
2014年11月 グッドデザイン賞受賞
ライン
2014年12月 瀬戸田レモンケーキ島ごころ 販売実績、約960,000個。
ライン
ライン

運営者紹介

Owner Chef
奥本 隆三
ryuzo okumoto
ライン
誕生日 昭和57年3月13日
ライン
出身地 広島県尾道市瀬戸田町
ライン
血液型 A型
ライン
趣味 子供と一緒にいること
ライン
尊敬する人 ケーキハウスフォンティーヌブロー 小山田社長
ボックサン 福原社長
ライン
座右の銘 急がば回れ
ライン
担当 経営・営業・製造・販売戦略・製造マネジメント等
ライン
将来の夢 レモンケーキを瀬戸田の産業として発展させたい。
レモン日本一の瀬戸田が世界に通用するレモン、[Setoda] に育てたい。
ライン
メッセージ 瀬戸田のレモンを使ったお菓子がほしいというお客様のお声から始まったレモンケーキ。発売してからも「レモンの粒が小さい」、「手土産にするのでしっかりした紙袋がほしい」、「レモンの食感が足りない」など様々なご意見から改善することで完成度を高めることができました。
これからもお客様とともに成長させていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
ライン
歩みの歴史 イメージ05

奥本 隆三 ヒストリー

1982年 広島県尾道市瀬戸田町(生口島)に生まれる
3人兄弟の長男。小学3年生頃から家に常備されていた卵・砂糖・小麦でクッキーやシュークリームなどを作っていた。
神戸への憧れが強く、地元を早く離れたいと思っていた。
1999年 広島県立瀬戸田高校卒業
このころから菓子作りが好きで、選択授業の家庭科で女子ばかりの中で唯一の男子だった。パティシエブームの直前で、お菓子作りは女性の世界というイメージから、両親は製菓の世界へは大反対だったが、それを押し切り専門学校へ。
1999年 大阪あべの辻製菓専門学校入学
寮で生活し、昼は学校、その後深夜までアルバイトで働く生活を1年間送る。学校もアルバイトも厳しく、ここで出会った友人は今でも良き相談相手となっている。
2000年 ケーキハウスフォンティーヌブロー(個人店)入社
職人としての基礎を作ってくれたお店。タイマーや温度計に頼らず、自分の目や手触りで生地の状態を感じ取ることを教わった。最後にはお菓子作りのほぼすべて、商品開発~日々の製造までこなしていた。経営者としての心高ヲ~どんなことがあってもくじけない心も教えてくれたことは今にも活きています。
2005年 神戸洋芸菓子ボックサン入社
主に焼き菓子の製造を担当していましたが、美味しいものを作るためには妥協しないという姿勢を徹底的に教えて頂きました。完成度の高いお菓子を作るためにはお菓子作りのセンスよりも、成功するまでやり続ける忍耐力が重要だということに気づかされました。ここで磨き上げた菓子作りの道は今でも大切な財産となっています。
2008年 3月にボックサンを退社後、4月にパティスリーオクモトをオープン
人生一度きり、やりたいことをやり遂げるには人生の時間は短すぎるから、迷っているヒマはない。
歩みの歴史 イメージ06
Branding producer
奥本 寿華
yoshika okumoto
ライン
誕生日 昭和58年1月7日
ライン
出身地 兵庫県加古川市
ライン
血液型 O型
ライン
趣味 殻付き牡蠣を炭火で焼いて食べること
ライン
尊敬する人 アシックス創業者 鬼塚喜八郎
ライン
座右の銘 千里の道も一歩から
ライン
担当 お菓子製造以外のお仕事
(経理・広報PR・販売管理・知的財産管理等)
ライン
将来の夢 仕事もしたい!子供もほしい!!という大学時代の夢をかなえられていると思います。島ごころでしたいのはそういう生き方。これからもシェフと共にお店を成長させていきたいです。強いて夢を言うなら日本一の広島レモンと広島牡蠣をコラボさせて日本一にしたいです(笑)。
ライン
メッセージ 神戸から瀬戸田に来て早7年。海と魚介類が大好きな私には最高の島暮らしです。町民体育大会や球技大会など、スポーツも盛んで、地域で盛り上がる行事もたくさんあって、本当に楽しい島です。ぜひ、お越しください。

奥本 寿華 ヒストリー

1983年 兵庫県加古川市に生まれる
靴下の製造が盛んな町で生まれました。兄2人にもまれながら育ったので、男友達の方が多い、オテンバな子だったと思います。
2001年 兵庫県立加古川東高校卒業
高校生までバスケをしていたが、ケガ続きで満足にプレイできることが少なかったことからスポーツをする以外でスポーツに関わることを仕事にしたいと考え始めた。講演会で鬼塚氏に出会ったことがきっかけで、アシックスへの夢が芽生える。
2001年 神戸大学発達科学部入学
とにかく日本一を経験してみたいとの思いからタッチフットという超マイナーな競技をしていました。日本一になるためにどうしたらいいか、一日中考え抜いて実行した日々は今の経営にも通づるところがあります。
2005年 株式会社アシックス
トビナワ、グラウンドゴルフなどのスポーツ用具の商品開発など。大企業ですが所属部署が比較的こじんまりしていたので、ものづくりの最初の方から最後の方までに関わる色んなことを経験させて頂きました。
2005年 株式会社アシックス退社後、4月にパティスリーオクモトオープン
もしダメだったら…という最悪のパターンを何度も想定して対策も何通りも考えていました。売上が思うように伸びず、シェフと大げんかしたことも何度かありますが、幸い今のところ順調です。
ライン
Information

ご購入情報

瀬戸田レモンケーキ島ごころ
瀬戸田レモンジャム島ごころ
瀬戸田ネーブルケーキ島ごころ
瀬戸田レモンドーナツ島ごころ
瀬戸田レモンバトン島ごころ
瀬戸田レモンカステラ島ごころ
【お電話でのお問合せ】
TEL 0845-27-0353[10:00〜17:00 年中無休(1/1除く・臨時休業有)]
【メールのお問合せ】>> フォーム
*原則として翌営業日以降のご返信となります。
*パソコンからのメールが届かないように設定されている方は@patisserie-okumoto.comからのメールが届くように設定をお願いいたします。
Copyright©2016 Shimagocoro All Rights Reserved.
「島ごころ」商標登録第5453972号/「果香蜜」商標登録第5523826号/「瀬戸田檸檬菓子工房」商標登録第5468710号・5508346号