生口島とレモン
島ごころが出来るまで
想いの軌跡
歩みの歴史
レモンから生まれる島ごころ
店舗紹介

レモンバトンは島ごころのレモンバトン島ごころをご賞味ください

Ikuchijima & Lemon

生口島とレモン

ホーム > 生口島とレモン
オーナーパティシエの生まれ故郷、瀬戸田町がある生口島は、尾道から18km、三原から12km、愛媛県今治からは25km。
しまなみ海道のほぼ中央にある人口約8,700人の島です。
生口島は、島の約50%が急傾斜になっているため日当りが良く、瀬戸内海でも指折りの柑橘類の産地で、レモンの生産量は日本一です。
生口島とレモン メインイメージ
生口島とレモン イメージ02

皮ごと食べられる瀬戸田エコレモン

瀬戸田町では国産レモンの約4分の1(28%)が生産されていますが、国内で消費されるレモンで国産レモンはわずか5%以下。ほとんどが安価なアメリカ産レモンというのが現状です。価格競争ではかなわない瀬戸田町の農家が目指したレモンは香りの豊かさと、安心して食べられる低農薬レモン、瀬戸田エコレモンでした。
瀬戸田エコレモンは通常のレモン栽培より化学合成農薬と化学肥料の使用量を50%以下に押さえて、防腐剤やワックスを使っていない皮ごと食べられるレモンです。

皮わずか205軒の農家で作り上げた瀬戸田ブランド

広島県の特別栽培農産物に認定された瀬戸田エコレモンの年間生産量は893t(平成25年)希少価値が高く、わずか205軒の農家で栽培されている瀬戸内のトップブランドは島ごころのケーキ作りには絶対不可欠な食材です。

瀬戸田レモン 栽培史跡

昭和3年春大谷清氏カラタチ苗木 300本を植付。
9月リスボンユーレカレモンの芽接ぎを行う。
ライン
昭和9年春レモン育苗5000本を計画。
ライン
昭和11年春苗木生産され福田、垂水地区へ植付。通称「レモンの谷」へ増殖。
ライン
昭和12年夏日支事変勃発。アメリカ産レモン輸入禁止。国産レモン需要拡大。
ライン
昭和24年レモンブーム到来!
ライン
昭和38年レモン、ネーブルの高値時代。レモン谷最盛期。瀬戸田町がレモンの生産量日本一の産地となる。(年間約900t)
ライン
昭和39年輸入レモンの自由化が政策決定され、国産レモンの生産量が著しく減少。
ライン
昭和50年輸入レモンに使用されている農薬から発がん性物質が認められ、国産レモンの安全性が見直される。
ライン
昭和57年瀬戸田全島を挙げてのレモン増殖運動を展開。日本でいち早く、レモン産地としての復活を遂げる。
ライン
平成21年年間生産量約2600t(農林水産省統計)は、輸入レモン自由化前の最盛期と比較して3倍強。国産レモンの約28%を生産。
ライン

生口島とレモン イメージ03
ライン
Sightseeing

観光スポット

観光01イメージ

耕三寺

大阪の元実業家、耕三寺耕三が慈母への報恩感謝の思いを込めて建立した寺院。極楽浄土を思い、奈良・平安時代の浄土教寺院へのオマージュが込められた堂塔伽藍など、15棟の堂塔が国の登録有形文化財に指定されています。
観光02イメージ

平山郁夫美術館

生口島で生まれ育った、文化勲章受章者の平山郁夫画伯の作品を紹介しており、幼少年期~青年期の作品などを常設展示しています。平山さんは「私の原点は瀬戸内の風土である」と残されています。
観光03イメージ

サンセットビーチ

環境省「日本の名海水浴場88選」にも選ばれたサンセットビーチは、瀬戸内でも指折りの夕景スポット。沖合いに見える小さな無人島・ひょうたん島は「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったといわれています。
観光04イメージ

潮音山 向上寺

島の北鬼門の鎮護として応年七(1400)年に建立された向上寺は、古来より島の災害鎮圧と興隆繁栄の祈願寺として崇敬されてきました。永亭四(1432)年に建造された朱塗りの三重塔は国宝に指定されています。

瀬戸田港町散歩


※画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
ライン
Shop Information

島ごころ店舗紹介

瀬戸田本店だけの限定スイーツで“島時間”をお楽しみください

※画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

当店は、しまなみ海道のほぼ中央に位置する生口島にあります。
本店では、観光で来られるお客様やサイクリストの方のために、本店だけの限定スイーツを多数用意しております。また、休憩スペースではコーヒーを無料で提供していますので、瀬戸田での“島時間“をスイーツとともに、ゆっくりとお過ごしください。オクモトのスイーツが旅の思い出の一つになるように、スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

瀬戸田檸檬菓子工房島ごころ

〒722-2413 広島県尾道市瀬戸田町沢209-32
TEL 0845-27-0353
FAX 0845-27-0354
営業時間 10:00〜17:00
年中無休(1/1除く・臨時休業有)

【お車までのご来店】

《本州方面より》西瀬戸自動車道(しまなみ海道)生口島北IC下車
 →耕三寺方面(左折)へ(所要時間約15分)
《四国方面より》西瀬戸自動車道(しまなみ海道)生口島南IC下車
 →耕三寺方面へ(所要時間約20分)

【公共交通機関でのご来店】

【三原より】
JR山陽新幹線、JR山陽本線三原駅南口より三原港へ徒歩5分
三原港 瀬戸田港行高速船で約30分 → 瀬戸田港
瀬戸田港 →島内東回り線のバスで約3分 瀬戸田小学校前 下車すぐ
(本四バス瀬戸田営業所 0845-27-0416 時刻表
【尾道より】
JR山陽本線 尾道駅南口より尾道ポートターミナルへ徒歩5分
尾道ポートターミナル→瀬戸田港行高速船で約40分→瀬戸田港
瀬戸田港 →島内東回り線のバスで約3分 サンプラザ前 下車すぐ
(本四バス瀬戸田営業所 0845-27-0416 時刻表
ライン
Information

ご購入情報

瀬戸田レモンケーキ島ごころ
瀬戸田レモンジャム島ごころ
瀬戸田ネーブルケーキ島ごころ
瀬戸田レモンドーナツ島ごころ
瀬戸田レモンカステラ島ごころ
【お電話でのお問合せ】
TEL 0845-27-0353[10:00〜17:00 年中無休(1/1除く・臨時休業有)]
【メールのお問合せ】>> フォーム
*原則として翌営業日以降のご返信となります。
*パソコンからのメールが届かないように設定されている方は@patisserie-okumoto.comからのメールが届くように設定をお願いいたします。
Copyright©2016 Shimagocoro All Rights Reserved.
「島ごころ」商標登録第5453972号/「果香蜜」商標登録第5523826号/「瀬戸田檸檬菓子工房」商標登録第5468710号・5508346号